巡り会えた時を思う

強く優しく儚く脆いその眼差しに惚れた

おめでとう

山田くん24歳のお誕生日おめでとう。

23歳の山田くんもとても輝いていました。

 

鋼の錬金術師の撮影でイタリアに行きながらもツアーDEAR.の総合演出、日本に帰ってきても27時間テレビの合間に映画の撮影。本当に忙しい夏だったと思います。だからかな?腰痛と知った時は本当に心配しました。満足のいくパフォーマンスができなくて悔しいんじゃないかなって。でも山田くんは素晴らしいプロ根性を見せてくれたね。腰が痛いなんて分からないくらい圧巻のダンスを見せてくれた。本当にかっこよかったです。なにより名曲My Girlを有岡くんと生み出してくれた。私にとって大好きな曲になりました。

 

秋からはHey!Say!JUMPで初の月9主演を務めましたね。黒髪にした優くんの周りが見えなくなってやってしまった罪、拘置所に入った優くん、本当に凄い演技でした。目力が凄かった。儚くて消えてしまいそうだった。そして最終回のひかりちゃんとのシーン。キュン死にしました。あれはかっこよすぎます。あんな、あんな優しい目…はあ〜〜〜!!好きです笑 山田くん念願のラブシーンだもんね。良かった。良かったよ。

 

KinKiさんとの愛のかたまりコラボもありましたね。私の大好きすぎる組み合わせでした。山田くんが憧れの先輩と見つめ合った時の笑顔、胸に手を当ててお辞儀した姿、心の底からおめでとう。と思いました。

 

そして2016年の締めくくりの東京ドーム。まさか、まさか2年連続で単独年末年始コンサートをやらせてもらえる日が来るなんて!!感激です。カウコンでもHey!Say!JUMP10周年メドレーの時間をわざわざもらえるなんて、本当に嬉しかった。どんどん大きくなっていってるねHey!Say!JUMP。「僕たち10歳になります」「同じ歩幅で歩いて行きましょう」そう嬉しそうに言う山田くん。安心しました。離れられるわけないからね?

 

迎えた2017年は山田くん主演の映画が2作公開されますね。フライヤーを2作分手に入れた時、改めて山田くんの成長と、山田くんの演技が認められて求められていることを実感して胸が熱くなりました。主演というプレッシャーは私には想像もできないくらい重いものだと思います。二次元並みの美しいお顔だからこそ舞い込む実写のお仕事。原作ファンからの厳しい声は気にしたくなくても入ってくるものだと思います。でも山田くんは「この役は誰にも渡したくない」という決意を持って挑んでくれる。信じてます。どちらの映画も成功することを。

 

これから先のことなんて全く分からないけれど、きっと山田くんを好きな気持ち、Hey!Say!JUMPを好きな気持ちは絶対に変わらないんだろうなと思います。出会えて良かった。応援し続けて良かった。ファンで良かった。

山田くん、生まれてきてくれて、このアイドルという仕事を、辛かったら辞めることもできたこの仕事を、ずっと続けてくれてありがとう。「俺にはこの生き方以外分からない」そう言ってHey!Say!JUMPの山田涼介でいてくれる山田くんをずっと応援していたい。

 

24歳お誕生日本当におめでとう。

素敵な一年になることを願っています。

 

 

広告を非表示にする