巡り会えた時を思う

強く優しく儚く脆いその眼差しに惚れた

ヲタのきっかけは突然に

今回は私が山田担になったきっかけを書こうと思う。ちなみに私は生まれも育ちも地方の田舎一部地域として除かれる部類。へ〜こんなやつもいるんだ、くらいで読んでくださるとありがたいです。

 

[2007年]

はねるのトびら 短縮鉄道の夜(11/14放送)

私が初めてHey!Say!JUMPを認識したのはこの番組だった。この時はまだ何とも思っていなかった。ただ「八乙女光が本名」ということに衝撃を受けたことだけは覚えている。

 

[2008年]

ごくせん

毎週録画してガッツリ視聴。緒方大和、風間廉、本城健吾、倉木悟…イケメン…イケメンが好きぃ…そんな感じ。

 

 

ジャニヲタの道を一切通って来なかった母から生まれた娘、この後に大きな転機を迎える。

 

仲の良い友人との会話だ。(小学生の会話)

 

友「ねえHey!Say!JUMP知ってる?」

私「へいせいじゃんぷ…ごくせんの?んー分かんない」

友「えー?じゃあHey!Say!7は?」

私「知らない」

友「Hey!Say!BESTは?」

私「…知らない」

 

今考えるとおかしな会話である。JUMPすら知らないと言っているんだから7やらBESTやら聞かれても意味わからんがな!!!英語もちんぷんかんぷんなのに!!!

とはいえ、私はこの子から流行ってるゲームとか服とかいろんなものの影響を受けていたので、この時も知らないのはまずいのかなと思っていた。

 

そんな時にナイスタイミング!!!

たまたま買った雑誌にHey!Say!JUMPが載っていたのだ。「へー、これがHey!Say!JUMPか。そう言えばはねトび出てたわ」と。すぐに友人に報告

 

するとまさかの「誰が好き?」

 

ええ!?早くないか!?その質問!!

と思いながらも真剣に真面目に考えた。

ちなみにその子は知念くんが好きとのこと。

雑誌のペラッペラのページを睨みながら私の出した答えは、そう。

 

 

 

 

 

 

山田涼介くん」

 

 

ここから私の人生が狂っ…幸せになっていく。

 

え?理由?………ズバリ顔!!あの天使のような笑顔!!

 

 

そして出会う

スクラップティーチャー

なんと上地雄輔も出るという私得な組み合わせ。ヘキサゴン、はねトび好きだったんだよなー!(知らんがな)ここで初めて『山田涼介』を認識して動く山田くんを見たのである。

 

 

高杉東一かっこいい可愛い

 

 

 

その頃から私の中で

好きな芸能人=山田涼介

となった。

我ながら単純すぎるきっかけ。

そして気づけばジャニヲタ街道まっしぐら。

降りるタイミング?

そんなの見失った。

 

 

これから先の出来事はまたいつか