巡り会えた時を思う

強く優しく儚く脆いその眼差しに惚れた

最強のデュオに出逢ってしまった話

昨年書いたのを温めていたものなので昨年のエピソードです。

--------------------------------------------------------------

出会ってしまった……

ハマってしまった……

 

私の目の前に現れたんです。

Hey!Say!JUMP以外のFCに入るまでに堕ちてしまったグループが!!!

それは……

 

 

 

 

KinKi Kids

 

これは参った……

実は前から気になっている存在ではありました。KinKi先輩。なぜなら自担山田涼介くんの揺るぎない憧れの先輩はKinKi Kidsであり、堂本光一さん。

「愛のかたまり」では大変お世話になりました。ふたりの合作をカバーしたいという願い、大変恐れ多かったのですが快諾してくださって(土下座)(涙)。なんとソロCDのカップリングになりました。

そして「Endless SHOCK」、ジャニーズ界隈、いや日本のミュージカル界では超超超有名ですよねこの舞台。ミュージカル好きの自分からしたら一度でもこの目で観るまでは死ねないと思っていました。

さらに金田一少年の事件簿、初代金田一一の剛さんと唯一同じ制服を着て、同じプロデューサーさんが担当されて4代目金田一一にまさか自担が抜擢されるなんて、本当に光栄でした。

徐々にKinKi Kidsが気になり始めた私は音楽番組で見た「鍵のない箱」にハマります。あれめちゃくちゃ良い歌ですね?まさにライブ後現実を見たくないヲタクのような…胸にグサッと来ました。“愛しても愛しても届かない君”なんですよそうなんですよ…

 

KinKi Kidsをもっと知りたい、そう思い始めたのが2016年でした。でも予感はしていました。KinKi Kidsに手を出したらきっと私は戻れないだろうと。だってどう考えても最強のシンメじゃないですか!!みんな大好きシンメじゃないですかっ!!!まず名字が同じで20年以上シンメって2次元ですか!?!?これは深いぞと…でも開けてしまったんです。パンドラの箱

 

最初はSNSや動画サイトでした。とりあえずKinKi Kidsと検索して見る。歌番組やバラエティをひたすら見る。堂本兄弟面白すぎる。なにこのふたり。可愛い。ゆるい。可愛い。

 

そんなことをしているうちに剛さんの「向井荒太の動物日記〜愛犬ロシナンテの災難というドラマを見つけました…

なんですかあれは!!剛さん可愛すぎでは!?!?フワフワしててポワポワしてて…どっちがワンコ?????

 

もう無理だ。と悟りました私。KinKi Kidsの曲を片っ端から聴こうと。とりあえずレンタルショップへ走りました。出ているCDを片っ端から借りてiPhoneに入れて聴きました…そして

 

惚れた。

 

何を聴いても名曲しかないって普通にヤバイ。どストライクな曲ばかり。アイドルというカテゴリーにいていいのかKinKi Kidsは?と。楽曲提供は有名な方ばかり。さらに自分たちでも作詞作曲。強い…強すぎます先輩…土下座

 

そしてさらに驚いたのはKinKi Kidsファンの皆さんはとても新規に優しいということ。嘘だろ!?と思いました。今までジャニヲタをやってきて個人的に感じていたのはジャニヲタの縦社会的な部分。やはりデビュー前からメンバーを応援していたファンと最近人気が出てきてからのファンでは経験値が圧倒的に違うわけで。これだから新規は…と誰もが言われた時期があるはずです(笑) さらにコンサートに行けば我こそはとファンサの欲望の海。一方KinKi Kidsのファンの方は自ら宣伝し沼に引きずり込もうとする姿勢がずば抜けているなと。案の定引きずり込まれたわけです。

 

気付いた時には振込用紙とペンを持ち住所を書いていました。「うわ〜何年振りの振り込め用紙〜」とか思いながら書いていました。しかしここで最大の壁が!!!

好きなアーティストどちらかを選べという究極の選択!!!!!!KinKi Kidsという選択肢はないのか(震え)  光一さんも剛さんもどちらもとても魅力的。どれだけ考えても自分で答えは出せなかった……そう全ては神頼み。Yes!あみだくじ!!!!バカですね。でもこうするしかなかったです(涙)

 

 

2017年は新規の私にとってこんなに贅沢していいのか?というほど素敵な経験をさせていただきました。

念願のEndless SHOCK観劇とKinKi Kids東京ドームコンサート(残念ながら平安神宮と小喜利は当たりませんでした…)

 

Endless SHOCKで生まれて初めて光一さんを見て、本当に実在したんだなと。本気で思いました。でも視界に入っている光一さんは人間ではなかったです。神でした。心臓にまで響く太鼓、美しいオーケストラ、一糸乱れぬダンス、魂のこもった歌、

全てが圧倒的美でした。

ずっと開いた口が塞がりませんでした。舞台は好きで何作か見たことはあったのですが、こんなに衝撃の強い舞台は初めてでした。まさにSHOCK。すごい。

 

夏には未満都市、どんなもんヤ生放送、The Red Light発売、Party、銀魂などがあり、ジャニヲタ活動がめちゃくちゃ充実していました。高杉剛様はやはり日本中を騒がせた(?)御御足ではないでしょうか!!エロい!!美脚!!残念ながらムビチケ戦争には敗北してしまったのですが初日に観られて幸せでした。そして剛さんの耳のことにはとても驚きました。剛さんの歌にはとてもパワーがあってバラードは特に大好きです。だからこそ今でも心配しています。平安神宮へは個人的に行き、治るようにお祈りました。行けなかったPartyは特典映像として残していただいて、購入して見ました。あの日の夏を噛み締めました。どうか良くなりますように。

 

 

そんなこんなでほかにもドラマをいろいろ見ました!まだまだ勉強中ですが!!

 

未満都市

やはり2017年版を楽しむためには20年前のドラマをしっかり見なくてはと思いまして、Huluをちゃっかり登録して見ました。色々考えさせられるドラマでした。タケルとヤマトの掛け合いは最高でした。もっと早くKinKi Kidsに出会いたかった。

 

リモート

むりですあれ。氷室警視がイケメンすぎてしんどい。ツンツンしてるのに。なんだあの不器用さは。まさにキャーーー♡ですね(笑) 深キョンもめちゃくちゃ可愛い。主題歌が光一さん作詞作曲と知った時は膝から崩れ落ちました。まじかよ天才。

 

天才探偵ミタライの石岡くん

割烹着とトナカイでノックアウト。終了。可愛すぎる。

 

銀狼

カラコンしてるの!?とそこに驚き。何してもかっこいいですね光一さん。

 

プラトニック

あれはあれでしんどい。野島ワールド全開。時間を忘れてひたすら見てしまいました。夜更かし真っしぐらコース。剛さんこんな役も演じられるのね素敵…と。ラストは言葉も出ませんでした。ひぇぇ…しんどい。

 

33分探偵、天魔さんがゆく

腹抱えて笑いました。さすが福田監督。絶妙に笑いをとってくる。これまた剛さんが可愛い。ずっと可愛い。

 

金田一少年の事件簿 上海魚人伝説

剛さんのはじめちゃんをしっかり見たのはこれが初めてでした。まだ16,17の剛さん。爆イケ。これは真面目に恋に落ちてしまうな〜と。当時出逢っていたら本当に恋していたと思います。やはり自担である山田くんをどうしても推したかったのですが、初代視聴者の方の「はじめちゃんは剛だ」という気持ちが分かりました。初代強し。

 

 

そして冬はなんとKinKi Kidsのコンサート東京ドームが当たり、ふぉ〜ゆ〜が好きで同じく最近KinKi Kidsが気になっている友人を誘って観に行きました。オーケストラをバックにした演出はとても素敵でした。もう君以外愛せないを合唱した時はこんな新規がここに混ざっていいのかと思いましたが、貴重な経験ができてとても嬉しかったです。KinKi Kidsの歌は本当に美しかったです。ハモったり重なったり……最強のデュオだと、最強のシンメだと確信しました。常にトップを走り記録を更新し続けるKinKi Kids、かっっっこいいです。「無理してでも立ちたい場所がある」この剛さんの言葉が胸に刺さりました。神々しいパフォーマンスに感動していたらMCでは股ゴムの話ですよ!?ゆるくて長くておいなりさんの話ばっかするんです。これが噂のKinKiのMC…最高に面白い…このふたり最高に魅力的……本当に幸せな空間でした。

 

やはり20年も歴史があると勉強してもしてもまだまだたくさんのエピソードがあるわけで。ドラマは肝心の人間失格などまだ見れていないので時間があれば少しずつ見ていきたいなと思っています。to Heartも早く見ねば!!もちろんこの熱を今後のKinKi Kidsに注いで行きたいと思っています。好きになったら狭く深くがモットーなので(笑) 生半可な気持ちで応援はしたくない主義です。これからはHey!Say!JUMPとKinKi KidsのATMです。KinKi Kidsファンの皆さま、こんな新規ですがよろしくお願いいたします。

 

 

ぶちまけた思いをまとめる

昨日今日と友人や家族、ツイッターでぶちまけた思いを自分なりにまとめました。でも全然まとまってないダラダラした文章です。何様だと思われる文も含んでいます。久し振りの更新がこんな内容になるなんて思ってもみなかった…

 

 

6月23日20:11に届いたFCからの1通のメール

(正確には迷惑メール扱いされてた)

「22:00に僕たちからみなさんにお知らせ」

こんなの初めてだった。

記事が出た日からずっと考えていて、怖くて目を背けてきたことが本当に起きてしまうのだと覚悟した。伊野尾くんと有岡くんのらじらーサタデーが唯一の救いだった。笑える状態じゃないけど笑えてた。でもらじらーが終わって静まり返った部屋に1人になると急に不安と恐怖が襲ってきて居ても立っても居られなくなった。まさかこんなメールが届くなんて思ってもみなかったし、本当に生きた心地がしなかった。地獄だった。

22:00から30分程経ってようやく動画が再生できた。最初に思ったのは、脱退ではなかったことへの安心、なぜ今留学しなければならないのかという怒り、しばらく8人での活動になることへの寂しさ、山田くんのあの切ない真顔から色んな感情が読み取れてしまう故にどうにもならない苦しさもどかしさ、Hey!Say!JUMPが大好きだという再認識。もう感情がぐちゃぐちゃで。

 

「グループに戻ってくるのが受け入れた理由のひとつ」

「自分たちは命懸けでHey!Say!JUMPを守り大きなグループにする。圭人は戻る場所はないというぐらいの覚悟で学んできてほしい。」

 

そう彼らが沢山悩んで話し合って出した決断ならば私は受け入れることしかできない。今どんなに反対したところでもう止められるわけではない。そりゃ圭人に対する怒りはめっちゃ出てくる。折角難関大学に合格したのに、遊んで週刊誌にマークされて何度も留年して結果退学。多分芸能活動していなくても卒業なんて簡単にできるような大学ではないってことは分かった上で、やっぱり自分の武器を身に付けて卒業して欲しかった。だからニューヨークなんて誘惑が沢山ある大都市に行ったってまた遊んでしまうのではないかってめちゃくちゃ心配している。しかも残される側の気持ち痛いほど分かってるはずでしょ?って。メンバー大好きな圭人なら分かるよね?この気持ち。この悔しいどうにもならない気持ち。

 

でもこの1週間、最悪の事態とかJUMPならそんなこと有り得ないとか色んなことを考えて、もし圭人が自分の意志で“甘え”であったHey!Say!JUMPという存在から距離を置いて海外で学びたいと言うのなら、『誰かが別の道を歩く話になっても俺はそいつを引っ張ってJUMPにとどめる。』と言っていた山田くんを含めメンバー全員がその背中を押すのなら、それは相当な覚悟があったはずだから受け入れようと思っていた。

ただ実際に直面すると本当にどうしていいか分からなくなる。8人は命懸けでHey!Say!JUMPを守っていく。きっと2年あればひと回りもふた回りも、もしかしたらそれ以上成長するかもしれない。その間本当に圭人の居場所を守っていられるのか、メンバーもファンも待っていられるのか。圭人が相当もがいて頑張らないときっとプラスの結果にはならない。もちろん応援する。9人をずっと応援するし、ずっと待ってる。もう離したくない。7年前の思いはもうしたくない。今度こそ「お帰り」と言いたい。言わせてほしい。もう頭を下げる彼らは見たくないんだ。

 

何より山田くんの真っ直ぐ見つめるあの瞳に光が宿ってないことが本当に辛かった。なんであんな顔をさせるの?絶対彼は納得してないよね?って。「引き止められなかった」と自分を思い詰めているんじゃないかって。もうあんな顔は見たくなかった。あんな顔はさせたくなかった。何が何でも山田涼介の笑顔は守りたいって昔からそう願ってきて、それでも運命はそうさせてくれない。悔しい。山田くんの笑顔が見たい。輝く瞳が見たい。

 

8人体制の想像がまだつかないし、実感もできていないから、きっとコンサートで8人に会った時に死ぬほど胸がぎゅうってなるんだと思う。怖いよ。きっと8人だって未来は見えないからこそ怖いことだらけだと思う。

圭人はそのメンバーとファンの数え切れない程の色んな感情を背負っていかなきゃならないんだよ?もちろんそれを自覚した上での選択だと信じてる。だから頑張って。みんなテレビ雑誌ラジオ舞台、忙しいスケジュールの合間を縫って色々考えて出した決断だよ。もう想像しただけで胸が苦しいんだけども。待ってくれているメンバーを裏切らないで。悲しませないで。結果で成長ぶりを私たちに見せつけてほしい。あーほんっとうに自分勝手だわ。気合い入れて根性叩き直してきて!手ぶらで帰って来たら怒るよ。というか最強の武器を身に付けるまで帰って来ないで。

 

突き放した言い方もしたけど、嬉しかったこともある。それは9人全員がHey!Say!JUMPを大きくさせよう、成長させようと必死だってこと。海外に行く圭人も、それを見送る8人も、理由はHey!Say!JUMPをモンスターグループにするための選択。それだけ9人はHey!Say!JUMPという存在が大好きで大切で自分そのものなんだなと改めて思えた。なんかもうJUMPらしくて本当に君たちは…って頭抱える。おバカ。これから10年先20年先、もっともっと道は長い。そのうちの数年だけ思い切った選択をしてもいいのではないかと思ってる。

 

そして、あの時の選択が間違っていなかったと思える未来があってほしい。むしろその選択を何が何でも成功に繋げて欲しい。信じて待つよ。私は祈ることしかできないから。

 

こうやって人に言うのは簡単だけど自分で実行するのは難しい。こんな偉そうに簡単に言ってるけど、自分がJUMPと同じような立場に立たされたら耐えられないし、自分自身も2歳年をとるわけで。2年は長いようで短いし、周りの環境も変わってしまう。私も成長して2年後9人に会いに行きたいと思った。自分も頑張らないと。

 

Hey!Say!JUMP9人なら必ずでっかい花火を打ち上げられるはず。

 

本当に一瞬一瞬無駄にして欲しくない。

9人にはもっともっと輝いてもらいたい。

手を離さないで欲しい。

 

宇宙一幸せになって欲しい。

 

 

あーーほんとバカだな…

 

 

結成10周年おめでとう

やっと…この日が来た。

2017年9月24日

10年前のこの日、横浜アリーナ

Hey!Say!JUMPが誕生した。

 

Jr.人気グループを解体してまで集められた10人

先輩よりも先にデビューが決まった10人

居場所に悩んだことでしょう。

ジャニーズ最多人数グループだからこそ

全員が足並みを揃えて歩むことは

決して簡単ではないはず。

10年、きっと辛いことだってたくさんあったよね。

 

でも、いつもJUMPは

私たちファンに笑顔をくれた。

どんな時も私の目には輝くJUMPが映っていた。

私がJUMPに出会ってからは

必ずそばにJUMPの歌があった。

私にたくさんの笑顔、元気、勇気、幸せをくれたのは

紛れもなくHey!Say!JUMPです。

感謝してもしきれません。

本当にありがとう。

 

JUMPが「このメンバーがHey!Say!JUMPで良かった」

と胸を張って言える10周年で本当に良かった。

メンバーが大好きなJUMPで本当に良かった。

それだけで私は幸せです。

それが一番の幸せです。

もしかしたら思い描いた10周年には

届いていないかもしれない。

でも朝昼夜誰かしらがテレビやラジオに出演して

レギュラーがあって

CDやアルバムがたくさん出せて

雑誌の表紙をたくさん飾って

映画出演が続いている今は幸せだなと。

こんなに仕事がもらえるのは当たり前じゃない。

これも9人がそれぞれ諦めずに

武器を身につけ

居場所を探し続けてくれた

賜物だと思っています。

 

そして、今年はJUMP初めての三大ドーム。

まさか三年連続で年末コンを任せてもらえるなんて。

本当におめでとう。

 

でもまだここはゴールじゃない。

JUMPにはもっともっと飛躍していってほしい。

11年目…もっとその先を見据えているJUMPに

これからもついて行きます。

きっと大丈夫  そうさ大丈夫

君は大丈夫  僕らは大丈夫

Hey!Say!JUMPならモンスターグループに

なれると信じています。

 

9人が出逢ってくれてありがとう

Hey!Say!JUMPでいてくれてありがとう

笑顔にさせてくれてありがとう

輝き続けてくれてありがとう

夢を与えてくれてありがとう

 

わちゃわちゃなJUMP

切磋琢磨するJUMP

たくさんのJUMPを

これからも見せてください。

 

本当に結成10周年おめでとう。

 

 

 

Hey!Say!JUMPに歌わせたいKinKi Kidsの楽曲たち

JUMP担の私、実はKinKi Kidsさんの楽曲もめちゃくちゃ好きなので、Hey!Say!JUMP全ペアにそれぞれ歌ってほしい、パフォーマンスしてほしい、コラボしてほしい…!!と、妄想することがあるのですが、まあ、おそらく叶うことはほぼないと思うので、それなら自分で書いてしまえ!!!ということで勢いのまま書き始めました。でも語彙力が無くて挫折しそう…(笑)

選曲は完全に私個人の好みです。その数なんと全36通り。歌詞も完全に私の解釈です…くっそ長いけどバカが付くほど真面目に真剣に考えました。好きなもの同士をコラボさせたいのはオタクの性だからしょうがない!!!!

それではどうぞ↓

 

 

1. 山田 知念

『Fall Dance』

剛さん:山田   光一さん:知念

これは簡潔に言えば“叶わなかった恋”。未練あるやまちねとか見たさしかなくない!?切なくしっとりとしたメロディーに上品なダンスでゆったり綺麗に踊るやまちねが見たい。完全にスタヘブ、ウェアマイの拗らせ。「全部愛しい」を熱唱するやまちねの全部が愛しくなること間違いなし。「“愛している”とコトバにすれば涙が頬をつたいそう」な山田くんは死ぬまでに一度は見たい。

 

 

2. 山田 中島

スワンソング

剛さん:山田   光一さん:中島

やまゆとを向き合わせたい!背中も合わせたい!その一心で選曲。やまゆとの歌う失恋ソング…遠距離恋愛の終末…たまらんだろ…潮騒の中無声映画のように膝を折って泣くんだよ?最高。「死にゆく鳥が」とか「生きてる重みは自分で背負うの」とかパワーワードをめちゃくちゃ歌わせたい。

 

 

3. 山田 岡本

ね、がんばるよ。

剛さん:山田   光一さん:岡本

圭人くんにはギターを弾いてほしい。イメージは3月14日〜時計スタイル。心地よいバラードですごく相性が良いはず。ポイントはOh, yeahの掛け合い!!「いつかお互いがいる世界がかけがえないものになる」「いつもお互いがいる世界がただひとつの大事な場所」GPSでお互いの場所確認してるくらいのやまけとにめちゃくちゃ歌わせたいです。はい。

 

 

4. 山田 有岡

『ライバル』

剛さん:有岡   光一さん:山田

これはやまゆとでも良かったけど双子のありやまだからこそやってほしい!!踊ってほしい!!まさにシンメ!!!まずタイトルが「ライバル」の時点で滾るじゃん?「花の幻影」は有岡くんに「僕を殺してから」は山田くんに歌わせたい。「タメ年のライバル君がいるから僕がいるから世界は変わる」My Girlを生み出したありやまだからこそこの曲を推したい。

 

 

5. 山田 伊野尾『99%LIBERTY』

剛さん:伊野尾    光一さん:山田

いのやまにはこういうバンド系でガンガンリズムに乗ってる感じの曲をやってほしい。この2人が普段歌わないような曲をあえて選曲。愛を信じないで今日までは生きて来た山田くん見たくない?伊野尾くんに「サイアクだ あなたは」って言われたくない?要は危険な恋を歌ういのやま。女性に翻弄されるいのやま。最高オブ最高。

 

 

6. 山田 髙木

『勇敢な君に』

剛さん:山田   光一さん:髙木

低音が響くあのイケボをめちゃくちゃ活かしたい。やまたかならバラード推し。優しく歌ってほしい。絶対かっこいい!!(断定)  やまたかのユニゾン綺麗なんだろうなぁ〜〜〜〜!!!勇敢な君に愛を送るやまたかは間違いなくオスだし、強い。「明日も強くあれ」なんて言われたら生きるしかない。

 

7. 山田 八乙女

『足音』

剛さん:山田   光一さん:八乙女

「そっと目を閉じればどこからか聴こえる  喜びや悲しみこの世界の足音」を歌う光くんは間違いなく文句なしにかっこいい!はず!!喜びや悲しみだと裕翔くんを推したくなるけど私には歌う光くんが…見える…「流されてゆく人の波に一人ふと立ち止まる」は山田くんに伸び伸びと歌ってほしい。山田くん作詞"真紅"の「人の波と〜」を彷彿とさせるからなおさら。僕たちはどこへ向かい歩いているのだろう?と模索するやまひか、見たすぎる。

 

 

8.山田

『愛のかたまり』

剛さん:山田  光一さん:薮

やぶやまはすぐに決まった。なんならこの記事はこれがきっかけと言ってもいいほど。これを外すわけには!!いかないでしょう!!!なによりやぶやまのカラオケでの十八番が愛のかたまり!!!一体諭吉何人捧げれば聴けるのか……ちなみにこの曲はサビで光一さんがハモりになるので薮くんにぜひハモってもらいたい。あとは「あなたと同じ香水を街の中で感じる」山田涼介がめっちゃ山田涼介っぽい。いや〜この曲を生み出したKinKiさんがコワイ。

 

 

(8. 山田

Glorious Days

〜ただ道を探してる』)

剛さん:山田   光一さん:薮

はい、すみません。欲張りました。やぶやまのみ2曲選曲。愛のかたまりはあれだけ有名だしオタクならシンメに歌わせたい曲の頂点レベルだと思うので、逆に面白みがなくなっちゃうのかなと。これはやぶやまのハモり大好き芸人としてはやらせたくてたまらない一曲。ひたすら掛け合い・ハモりの炸裂曲。何より溶けてしまいそうなくらいバラード。「どれだけ苦しむ選択(こたえ)だとしても 夢を追うために生まれてきた」やぶやま。「ただひとつだけの道を探してる 明日のどこかに続く道探してる」やぶやま。ムリ、国宝になっちゃう。

 

  

9. 知念 中島

『Time』

剛さん:知念   光一さん:中島

ゆとゆりに言わせたい英文「I won't let you cry」。ゆとゆりとこの曲の相性結構良いと思ってる。「涙流す君を抱きながら胸に誓ったよ もう I won't let you cry」な裕翔くんすでにムリ。「臆病で閉ざされた心は、世界は、今解けていくよ」な知念くんしんどい。Just For Youのような振り付けで踊ってほしい。信じる事の強さを知り怖れずに君を愛して新しい世界へ歩いて行くゆとゆり……なんか分からんがかっこいい!!とにかくかっこいい!!嗚呼You&You。

 

 

10. 知念 岡本

Harmony of December

剛さん:知念   光一さん:岡本

ちねけとほっこりラブソング。知念くんに「乾いた北風がひゅるり」と「僕の心に咲く花」を歌わせたい。「君の願い事が叶うように僕はそっと守っていくんだ」は圭人くんそのもの。ちねけとの想いは夜空を彷徨う白い羽根だよ!!!「君に会いたい そばにおいで」なちねけと大天使。心が浄化されること間違いなし。

 

 

11. 知念 有岡

『恋は匂へと散りぬるを』

剛さん:有岡    光一さん:知念

振り付けも完全にカバーして踊って欲しい。和テイストなありちねとか見たいじゃん。できることならあの桜と水のPVの世界観にありちねを入れたい。儚い淡いありちね。有岡くんの「消せない記憶と見果てぬ夢」、知念くんの「春の夜風に乗せてあなたに届けたい」聞きたい!!ポイントは光一さんパート最後の知念くんの上ハモ。

 

 

12. 知念  伊野尾

『心に夢を君には愛を』

剛さん:伊野尾    光一さん:知念

いのちねはやっぱりポップでハッピーな曲がやっぱり似合うのかな〜と。可愛いから。イントロからもうニコニコしてるいのちねが見える。肩組んでゆらゆら揺れてね?心に夢を君には愛をいつも忘れないいのちね。la la la...歌いながら揺れてくれるだけで最高の癒し。これを聴けば何か良いこと起こりそう。

 

 

13. 知念 髙木

恋涙

剛さん:知念   光一さん:髙木

完全に私の好み。「ねえ…恋涙 あたしが勝っても恨みっこなしよ 死なせない 運ばれた命から生まれたLove」をたかちねがそれぞれ歌うんだぜ…たまらんだろ…JUMPのセクシー担当と小悪魔担当でちょっと意地悪な笑み浮かべて歌ってほしい。照明もピンクと紫にしてほしい。ああ…色気で死んじゃうなこりゃ。

 

 

14. 知念 八乙女

『夏模様』

剛さん:知念   光一さん:八乙女

沖縄民謡系で爽やかな感じはひかちねにぴったりだと思う。何となく柑橘系のイメージ。知念くんに「ギュッてされた」と言わせたいがために剛さんパートを選択。光くんは「小さな夢抱えながら躓き転んで膝を擦りむいた蒼い夏の日」を実際少年時代に過ごしてそうでしんどい。サビは光くんにハモってほしい。光くんの下ハモ!!低声!!yeah!!

 

 

15. 知念

『夢見れば傷つくこともある』

剛さん:知念    光一さん:薮

知念くんの「ナイフの刃が擦(かす)るように」が聞きたい。胸痛めてる知念くん見たいじゃん?(私が←) 音の跳躍があるからやぶちねの歌唱力が存分に発揮できるはず…!メッセージ性も強いし!!「無駄足でもいい 歩き回ればいい 血を流しても…」を歌うやぶちねたまらんな……真剣な眼差しのやぶちねカモン…

 

 

16. 中島 岡本

『Secret Code』

剛さん:岡本    光一さん:中島

とりんとりんにはやっぱりバンドが似合う。ドラムとギターでセッションしてほしい。ワイルドなとりんとりんが見たい。サビで交互にハマるとりんとりんの雁字搦めの愛。イイじゃん…男心(こころ)を本気にさせられたとりんとりん…え、最高じゃん…あと間奏で山田くんのサックスだけ参加するのもアリ。

 

 

17. 中島 有岡

『鍵のない箱』

剛さん:有岡   光一さん:中島

冒頭から剛さんパートの「いつか覚める 夢 見てたのかな」うん、もう切ない。続く光一さんパートは「他のなにより大切にした君はもういない」!!ありゆとにはどうしてもこの切ない恋の歌を歌わせたい。ありゆとの切ない表情って最高に痺れるじゃん?「愛しても愛しても届かない君」に「手を伸ばし影に触れさみしさに目を閉じる」ありゆと、うわーー天才だわーー!!

 

 

18. 中島 伊野尾

『カナシミブルー』

剛さん:伊野尾   光一さん:中島

伊野尾くんのウの母音って特徴的だから単純にカナシミブルーと相性が良いと思った。「uh...抱きしめる この腕の中 粉々になった君がいた」伊野尾くん…「その頬うずめてくれたらそれでいい」裕翔くん…やばい。唇に手をかざしてくれモデル裕翔くん…いのゆとの唇…口許…おうおうおう(ご想像にお任せします)。メンカラが2人とも青系だから照明ももちろん青で。

 

 

19. 中島 髙木

『星見ル振リ』

剛さん:髙木    光一さん:中島

爽やかなメロディーーーーーーー!!!スタイル抜群イケメンゆやゆとがこれ歌ったら間違いなくリア恋になっちゃう…「大好きな大好きな海辺の道 2人の写真 ミルクティー」な髙木さんですよ。しんどい。「忘れられるわけない その声が僕を呼ぶ 唇が僕のために動く 僕が知るこの世界で一番愛しい音色 今も風の中聞こえる」こんなことをゆやゆとに言われたらさ…!!ねえ!!スクリーンは星空にしてほしい。ストーリー性あるからいっそゆやゆとでドラマしてほしい。

 

 

20. 中島 八乙女

薄荷キャンディー

剛さん:八乙女   光一さん:中島

出だし「静かに満ちてくる波のつづれ織り 何度も泣かせたね ごめん」の光くんにそんなことないよ(泣)ってなる予感。「涼しい海風に」「君だけ〜〜〜」の裕翔くんは誰がどう考えても国宝級の美しさ。優しいゆとひかからの「君しか見えないほんとだよ」は確実にとろけるでしょう!!

 

 

21. 中島

『春雷』

剛さん:薮   光一さん:中島

ドラムがバックで響き「知らない街の〜」からふたりの声がハモったり交互に重なったりデュオだからこその魅力がある曲。歌うま薮くんがどう剛さんパートをアレンジしてくるか個人的にめちゃくちゃ気になる。これも裕翔くんがドラムしたら最高にかっこいいはず。せっかくだから薮くんもギターでセッションしませんか!!でもスタンドマイクで歌うのも見たい。個人的なイメージではUNIONの薮くん。

 

 

22. 岡本 有岡

『WELCOME』

剛さん:有岡   光一さん:岡本

ありけとの声は優しさと癒しのかたまりじゃん?ずばりこれよ。「Welcome to the wonderful world」「I can't wait to see you. Come on new friend」を歌うありけとは一言で言えば「清い」。ありけとで心が洗われたい。これなら荒んだ心を洗ってくれそう。しっとり踊らせたい。ありけとの優しさで包み込んでくれ〜

 

 

23. 岡本 伊野尾

『愛されるより愛したい』

剛さん:岡本   光一さん:伊野尾

なかなか悩んだけど、とりあえず「どうだっていいじゃんそんなこと」を伊野尾くんに言わせたいという理由で選曲。いのけとが対で2人で踊るとどうなるのか非常に興味がある。「ギリギリの大人たちが積み重ねてるすべてのもの 壊さなきゃ新しい明日は来ない」いのけと…いのけとだからこそ聴きたいというか。「つよい風に向かいながら走りつづけたい」を歌ってほしい。

 

 

24. 岡本 髙木

『Bonnie Butterfly』

剛さん:髙木   光一さん:岡本

これは即決。すでにかっこ良さが溢れ出てる。髙木くんも好きな曲だしね。髙木くんから悪い遊びを教えてほしいじゃん?大人の愛、色気ダダ漏れ。英語は圭人くんの出番でしょう。かなりセクシーなのが見たい!!腰振り必須。あのピュアピュアな圭人くんから「猥ら」なんて単語が出るんですよ!最&高

 

 

25. 岡本 八乙女

to Heart

剛さん:岡本    光一さん:八乙女

ひかけとのガッツリバラードが見たい。「この想いを君に伝えたい ありふれた言葉でいい」を圭人くんに「君の声をもう少し聞いていたい 星の夜」を光くん歌わせたいし、「夜は夜になるため太陽を犠牲にするという」は圭人くん、「永遠なものなんてない それでも星は」は光くん、「2人の上で光る」がひかけとだったらしんどくない?君がいるただそれだけで壊れるくらいつよくなれるひかけとしんどくない?

 

 

26. 岡本

涙、ひとひら

剛さん:薮   光一さん:岡本

これも英語から始まるから圭人くんにやらせたい。やぶけとがこれをどう歌いこなすのか…考えるだけでワクワクする。「還らない夢」「汚れない瞳」歌わせたい。薮くん「心の奥に一粒残るダイヤのように」圭人くん「色褪せぬまま仄かに光る希望の欠片」希望の欠片は薮くんが上ハモってことになるし、化学反応すごい予感。

 

 

27.伊野尾 有岡

ギラ☆ギラ

剛さん:伊野尾   光一さん:有岡

テンポが速めだから元気にやってほしい。曲名の通りギラギラやってほしい。「抱かれて翻弄されたい…ナ・ツ・ダ・カ・ラ」「お気に召すまま味わって…ゴ・ジ・ユ・ウ・ニ」のいのあり見たすぎる。なんだかんだノリに乗ってふざけるのも良し。いのありよ、真夏の恋を教えてくれ。

 

 

28. 有岡 髙木

『青の時代』

剛さん:有岡   光一さん:髙木

熱唱するありたか凄く良いと思う。低音ボイスがめちゃくちゃポイント。しかもこの曲ソロパートがない!終始ありたかの声ってめちゃくちゃ熱い。Jr.時代を共に過ごしてきたありたか。「おとずれる時代の中で小さな愛を運ぶ 限られた時間の中で愛の意味を知る」ありたかはエモい。伴奏を伊野尾くんにやってほしい。熱い。

 

 

29. 有岡 八乙女

『Misty』

さん:有岡  光一さん:八乙女

ありひかにはテンポ良い曲が似合いそう。細かい振りのダンスを踊ってほしい。「何度も話しかけても言葉は風にさらわれ 僕には気づかないまま 君は霧の向こうへ消えてゆく」…切ない!!個人的に有岡くんに「乾いた風を抱きしめたらノドモト突き刺さったみたい」と言わせたいですね、はい。

 

 

30. 有岡

ビロードの闇

剛さん:有岡   光一さん:薮

オシャレ。これに尽きる。ビロードの闇に融けだす剥きだしになったありやぶの愛情…ビロードの闇を掠める微かに光ったありやぶの純情…ビロードの闇に浮かんだ愛する気持ちはありやぶの本能…わーー!!気になる。刹那を擁かせたい。ちょっと気怠そうに踊ってほしい。

 

 

31. 伊野尾 髙木

『SNOW! SNOW! SNOW!』

剛さん:伊野尾   光一さん:髙木

見たい。とても。絶対かっこいいから。儚い感じで歌ってほしい。背中合わせで。落下物は雪の結晶ですね。髙木くんを光一さんパートにしたのは「愛しき女(ヒト)よ」「いくつの夜越えれば最後の夢忘れられるだろう」を言わせたいから。伊野尾くんには「世界のどんな絶望より深くに悲しみの行方」を歌ってほしい。

 

 

32. 伊野尾 八乙女

『なんねんたっても』

剛さん:伊野尾    光一さん:八乙女

いのひかは明るいポップ系。あと「なんねんたっても大事にしたい気持ちってある」と思うんだよね!(強引) Jr.時代の写真をスクリーンに映したりして、2人で息を合わせてユニゾン歌ってほしい。「生涯 晩年になって思い出したいんだ 鮮やかな場面をできるだけ多くの今日という日を」と思い出に浸るいのひか良き。なんねんたっても笑い合っていてほしい。

 

 

33. 伊野尾

『やめないで、PURE』

剛さん:伊野尾    光一さん:薮

 ガツガツ踊るいのやぶが見てみたい。いのやぶに「天使をやめないで」「狂おしいほど君のことを愛しているから」と言わせたい。伊野尾くんはぜひ黒髪で。これ重要!!いのやぶがシンメダンスするって想像しただけでワクワクする。

 

 

34. 髙木 八乙女

『鼓動、千々に』

剛さん:髙木 光一さん:八乙女

出だしのwow wow... からたかひかのユニゾン。ドキッドキ!!光くんは光一さんのパート、髙木くんは剛さんのパートにすると相性が良さそう。髙木くんの主旋律と光くんの上ハモ聴きたい聴きたい。「鼓動、千々に鳴り響く つまらぬ時代と嘆く声にもう惑わされずに 僕が僕である証に 靴飛ばし空に消そう」と結構深い歌詞を歌うのにサビ最後で「あした天気になあれ」って可愛いワードが。たかひかにぜひ。

 

 

35. 髙木

『もう君以外愛せない』

剛さん:髙木  光一さん:薮

出ました。もう君以外愛せないやぶたか。 これはイケボのとんでもないコラボレーション。がっつりバラードで攻めてほしいから選曲。高身長最年長やぶたかの「たとえこの世が滅びても君と誓った愛は永遠だから」はしんどいの極みでは。おそらく気絶する人多数。これぞMr.Flawless。

 

 

36. 八乙女

ボクの背中には羽根がある

剛さん:八乙女  光一さん:薮

「ずっと君と生きてくんだね 」これはもうこのシンメやぶひかに歌ってもらうしかないでしょう!パートもこれ一択。「どんな辛い未来が来ても二人だったら乗り切れる」んですよ。「どんな夢もかなう気がする」んですよ。「君を抱いて空も飛べる」んですよ。「嘘じゃない」んですよ。熱い。長年シンメのやぶひかだからこそ歌ってほしい名曲。

 

 

 

いや〜楽しかった!妄想が (笑) 。意外にも私が山田くんに歌ってほしいパートは剛さんだったという発見もあったりして。あ〜!JUMPのカラオケに忍び込んで勝手に選曲したい!(笑) そしてやっぱりKinKiさんは20年以上もこんな素晴らしい言葉が炸裂した素敵な曲をたくさん歌われていて流石だなと思いました!強すぎる……

あと、楽曲はグループそれぞれの色があって素敵だけどシャッフルやコラボはジャニーズの醍醐味でもあるのかなと。だから、まあ今回のは叶うことは無いと思いますが (笑) いつかHey!Say!JUMPとKinKi Kidsが一緒にパフォーマンスする日が来ればいいなーーーー!!!!と思ってます。

 

おわり(´‘▽‘`)

 

 

 

人生で初めて自担からファンサをもらった話

からしょうもない自慢話をします。知らねぇやつの自慢話なんて聞きたくないわ!って方はそっと画面閉じてください……

 

あれは

8月12日

Hey!Say!JUMPの10周年ツアー I/O

サンドーム福井

 

そこでついに…私は…念願の…ファンサを…

山田くんからぁ……号泣

 

 

振り返れば自分のジャニヲタ人生、席は大体スタンド、スタトロで近くまで来たとしても肝心の山田くんはおしり…

そんなのばかりだった。

それでも満足して山田くんを拝んでいた。

 

 

そして今回。注目の席は……

 

 

スタンドだった(私は一生スタンド民なのか?運がなくて笑うしかwww)

 

正直ファンサに関してはそこまで期待していなかった。というか高望みはせずに会える幸せを噛み締めようというスタンスだった。

 

けどもしものことを考えてファンサうちわを新しく作った。その中で一番山田くんに伝えたくて書いた言葉は

『山田くん入所13周年おめでとう 8/12』

なんのひねりもないド定番(笑)。でも、8月12日は山田くんの入所日。アイドルになって13周年。13年前のこの日に山田くんがアイドルへの扉を開けてくれたから、私が今山田くんに出逢えているし、たくさんの幸せをもらっている。この記念日に参戦できるのは今後もうないかもしれない。そう思って書いた。見てくれるといいなと考えながら。

 

 

で、ついにその瞬間が来る

 

アンコール

山田くんがトロッコに乗ってゆっくり近づいて来た。友人2人と身構える……

そして目の前に来た時…

 

目が!!!本気でガチで真面目に合ってしまったああ!!!

私の入所13周年うちわを見て「うん」と目で合図を…大号泣…しねる…

あのキラキラ輝く瞳で……

天使のような笑顔で……

あの数秒時が止まっていた。

呼吸の仕方なんて忘れた。

あ、割とマジで目が溶けると思った。

友人と腰を抜かしそうだった。

心臓吐くかと思った。

泣いた。

 

山田くんに堕ちたあの雑誌の1ページ…

テレビの中にいる山田くん…

初めて生の山田くんを見たある年の真夏…

DVDとして永遠に残ったあの日の山田くん…

衝撃の連続だった眩しいツアー初日…

近くまで来たのにお尻を向けられたある年のガイシ…

双眼鏡で天使の横顔を見続けた冬の京セラ…

いろんなものが走馬灯のように…(死ぬな)

 

とにかく嬉しかった。生きてて良かったと思った。

 

他の人からしたらそんなのファンサじゃないと思うかもしれない。投げちゅをもらったわけでもバーンされたわけでも好きと言われたわけでもないから。でも私にとってはれっきとしたファンサだった。初めての。

 

山田くん、13年前オーディションを受けてくれてありがとう。デビューしてくれてありがとう。アイドルで居続けてくれてありがとう。生きててくれて本当にありがとう。

 

コンサート自体個人的には凄く凄く幸せな空間だった。セトリに10年分の時間が詰め込まれている気がした。MCでソロ曲やJr.時代の曲も懐古してくれて…みんなで懐かしむ姿がひたすら可愛くてかっこよかった。楽しかった。幸せでした。

 

 

本当に

10周年おめでとう。

 

おめでとう

山田くん24歳のお誕生日おめでとう。

23歳の山田くんもとても輝いていました。

 

鋼の錬金術師の撮影でイタリアに行きながらもツアーDEAR.の総合演出、日本に帰ってきても27時間テレビの合間に映画の撮影。本当に忙しい夏だったと思います。だからかな?腰痛と知った時は本当に心配しました。満足のいくパフォーマンスができなくて悔しいんじゃないかなって。でも山田くんは素晴らしいプロ根性を見せてくれたね。腰が痛いなんて分からないくらい圧巻のダンスを見せてくれた。本当にかっこよかったです。なにより名曲My Girlを有岡くんと生み出してくれた。私にとって大好きな曲になりました。

 

秋からはHey!Say!JUMPで初の月9主演を務めましたね。黒髪にした優くんの周りが見えなくなってやってしまった罪、拘置所に入った優くん、本当に凄い演技でした。目力が凄かった。儚くて消えてしまいそうだった。そして最終回のひかりちゃんとのシーン。キュン死にしました。あれはかっこよすぎます。あんな、あんな優しい目…はあ〜〜〜!!好きです笑 山田くん念願のラブシーンだもんね。良かった。良かったよ。

 

KinKiさんとの愛のかたまりコラボもありましたね。私の大好きすぎる組み合わせでした。山田くんが憧れの先輩と見つめ合った時の笑顔、胸に手を当ててお辞儀した姿、心の底からおめでとう。と思いました。

 

そして2016年の締めくくりの東京ドーム。まさか、まさか2年連続で単独年末年始コンサートをやらせてもらえる日が来るなんて!!感激です。カウコンでもHey!Say!JUMP10周年メドレーの時間をわざわざもらえるなんて、本当に嬉しかった。どんどん大きくなっていってるねHey!Say!JUMP。「僕たち10歳になります」「同じ歩幅で歩いて行きましょう」そう嬉しそうに言う山田くん。安心しました。離れられるわけないからね?

 

迎えた2017年は山田くん主演の映画が2作公開されますね。フライヤーを2作分手に入れた時、改めて山田くんの成長と、山田くんの演技が認められて求められていることを実感して胸が熱くなりました。主演というプレッシャーは私には想像もできないくらい重いものだと思います。二次元並みの美しいお顔だからこそ舞い込む実写のお仕事。原作ファンからの厳しい声は気にしたくなくても入ってくるものだと思います。でも山田くんは「この役は誰にも渡したくない」という決意を持って挑んでくれる。信じてます。どちらの映画も成功することを。

 

これから先のことなんて全く分からないけれど、きっと山田くんを好きな気持ち、Hey!Say!JUMPを好きな気持ちは絶対に変わらないんだろうなと思います。出会えて良かった。応援し続けて良かった。ファンで良かった。

山田くん、生まれてきてくれて、このアイドルという仕事を、辛かったら辞めることもできたこの仕事を、ずっと続けてくれてありがとう。「俺にはこの生き方以外分からない」そう言ってHey!Say!JUMPの山田涼介でいてくれる山田くんをずっと応援していたい。

 

24歳お誕生日本当におめでとう。

素敵な一年になることを願っています。